携帯サイト  QRコード
  

富士市 一般会計853億円を計上

(2021-02-09 19:00)

富士市は9日、令和3年度の当初予算案を発表した。一般会計は2年度当初予算比7.3%(67億円)減の853億円。市によると、富士川二小の改築により教育費が大幅に増加する一方、新環境クリーンセンター建設事業費などが減額となったことが主な要因。特別会計、企業会計を加えた合計額は1711億150万円で、同比3・8%(67億3022万円)の減額となっている。

市財政課では、歳入は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で市税の大幅な減収を見込む。一方、歳出は感染症対策や少子化対策などの喫緊の課題への対応のほか、高齢化の進行に伴う社会保障・医療関係経費の増加、老朽化が進む公共施設の改修に多額の経費を要するなど、「依然として厳しい状況にある」と分析している。



        

 

▲ ページトップへ

 

 

PR

 

■ fuji-news.net に掲載の記事 -写真などの無断転載を禁じます  Copyright(C)2003-2021 Fuji News All Rights Reserved.